お風呂のリフォームをする前にこれだけは知ってほしい基礎知識

お風呂は体と心をリラックスさせてくれます。疲れてしまった時、身体が冷えてしまった時、温かい湯船に浸かると「ほっと」ひといき、からだの芯まで癒やされますよね。

ユニットバスは毎日使う水回りだからこそ、理想の広さや設備、高級感のあるデザインされたユニットバスへもリフォームできます。

こちらのページでは、ご自宅のお風呂に「ここが不満だな」「こう変えたいな」と感じられていて、ユニットバスへのリフォームを検討し始められた方におすすめする、ユニットバスリフォーム前に知っておいていただきたいリフォーム基礎知識をご紹介します。

 

 

 

リフォーム前にお風呂場の種類を確認!ユニットバスと在来工法の違いは?

お風呂場のリフォームは、お住まいや浴室の状況によって大まかに「ユニットバス」「在来工法」というキーワードが登場します。

具体的なリフォームの方法や商品の価格、リフォーム全体の費用にも関わってくるので基本的な用語として知っておきましょう。

 

ユニットバス

工場で浴室の壁(パネル)、床、天井、そして浴槽などが1セットとして作られ、施工現場で組み立てることで設置できるバスルームのことです。

規格の決まった製品の組み合わせなので、料金が安く済み、設置する際の手順や工期も早く仕上がります

マンションなどの水まわりスペースが狭い賃貸物件の改修では、浴室・トイレ・洗面が一体となった「3点ユニットバス」、浴室とトイレが一緒になった「2点ユニットバス」が採用される場合も多く、ファミリー向け物件や新築戸建て住宅では浴室のみの「1点ユニットバス」が広く使われています。

 

在来工法の浴室

在来工法は柱と梁の軸組での工法です。日本の建築工法であり、古くからあるお住まいはこの在来工法で建てられています

お風呂場の天井から床、壁・浴槽まで空間を自由に使える在来工法ですが、「タイル張りの床が冬になると冷たい!」「隙間風で逆に体が冷えてしまう」というお悩みでユニットバスにリフォームされる方が多い状況があります。

ヒートショックの防止としても断熱性能の高く、お手入れもしやすいユニットバスへの交換が主流です。

 

ハーフユニットバス

ハーフユニットバスは、上記の「ユニットバス」と「在来工法」の良いとこどりをした工法です。

浴槽と洗い場・壁(パネル)の下半分はユニットバス同様1つのセットになっていて、天井と上半分は好きな材質のものを使用できます。

通常、天井の高さや傾きがあるお風呂は、ユニットバスの規格が対応できない場合が多いので在来工法でのリフォームになり、工事期間も長く値段も高くなってしまうケースがあります。

その点ハーフユニットバスでは、壁(パネル)下半分、洗い場、浴槽がセットになっていることで防水性は◎ですし、天井の高さや傾斜の事情にも対応できる在来工法の特長も兼ね備えています。

各メーカーの商材が少ないというデメリットもありますが、在来工法でリフォームされるよりも工事費込みの価格は低くなるため、在来工法でリフォームを検討されている方はハーフユニットバスも選択肢に入れていただければと思います。

 

在来工法からユニットバスへのリフォーム

お風呂のリフォームをする際、下記の施工手順で工事を行っていきます。この施工費用は平均で20万~30万円ほどで、工務店や施工業者によって異なります。

在来工法からユニットバスへのリフォームは、タイル壁の解体や床面のコンクリート施工などが入るので、ユニットバスからユニットバスへのリフォームより少し施工費が高くなります。具体的にどのような施工が行われるか見てみましょう。

在来工法 ➡ ユニットバス

ユニットバスの交換

1. 既存浴室の撤去・解体工事
2. 床部位へのコンクリート打ち
3. 配管作業
4. 浴室の組み立て
5. 排水・土台まわりの施工
6. 床・浴槽の設置
7. 壁(パネル)の取り付け
8. 天井の設置
9. 鏡や水栓の取り付け
10. 配管の接続
11. 浴槽のエプロン設置
12. 点検を行い、完成!

1. 既存ユニットバスの撤去・解体工事
2. 配管作業
3. 浴室の組み立て
4. 排水・土台まわりの施工
5. 床・浴槽の設置
6. 壁(パネル)の取り付け
7. 天井の設置
8. 鏡や水栓の取り付け
9. 配管の接続
10. 浴槽のエプロン設置
11. 点検を行い、完成!
 

リフォームの工期は何日かかる?

お風呂のリフォームをする際、工期が長くなると自宅の浴室が使えなく不便になってしまいます。風呂リフォームの工期は、こちらが一般的な目安です。

・ユニットバスからユニットバスへのリフォーム・・・約4日

・在来工法からユニットバスや、サイズアップなどの大規模リフォーム・・・約6日~

・浴室乾燥機やテレビなど設備の取り付けや部分的なリフォーム・・・約1日

お風呂のリフォームをする際、工期が長くなると自宅の浴室が使えなく不便になってしまいます

リフォームを行う季節や施工する工務店の状況によって変わってきますので、お見積りの際には「具体的にいつ頃リフォームしたいか」を一緒に相談されるのがおすすめです。

最近では、新型コロナウイルスの影響でtotoさんやリクシルさんのリフォーム商品のパーツが届くのに、時間がかかり工期が延びてしまったケースもあります。

浴室リフォーム中にお風呂に入れない場合は

・近くの銭湯で済ませる
・親、兄弟、親戚の家のお風呂を借りる
・お湯を含ませたタイルで体を拭く

といった方法で数日間過ごされる方が多いです。
お風呂のリフォームが決まったら、リフォーム中の過ごし方も先に決めておきましょう。

 

リフォームするサイズに種類はあるの?

お風呂の商品一覧をネットやカタログでチェックすると商品名に「1坪タイプ」、「1616」などと表記されています。

こちらは浴室自体の床面積と内寸を表しています。

ユニットバスは浴槽の厚みがあるので、坪数=設置できるユニットバスのサイズという訳ではありません

これは、ユニットバスが浴室が浴槽、壁(パネル)・床・天井などのパーツそれぞれがセットで工場で製造されていて、リフォームするお風呂の現場で組み立てる商品であることが関係しています。

1坪のスペースに壁(パネル)や天井等のパーツを設置していくと、それぞれのパーツの厚みで内寸が1坪以下になります。

広いお風呂は解放感があり魅力的ですが、お風呂場の広さによっては希望していたユニットバスが設置できないこともあります。

次の項目で一般的なユニットバスの規格をご紹介しますので、ご自宅やリフォームされたい住まいのお風呂の内寸からどのサイズが適しているかチェックしてみてください。

 

ユニットバスリフォーム時の一般的なサイズ一覧・浴槽の種類

ユニットバスの一般的なサイズは10㎝単位で製造されています。

サイズ坪浴室内寸

1216サイズ 0.75坪(奥行き)1200mm×(幅)1600mm
1317サイズ 0.75坪(奥行き)1300mm×(幅)1700mm
1616サイズ 1坪(奥行き)1600mm×(幅)1600mm
1717サイズ 1坪(奥行き)1700mm×(幅)1700mm
1618サイズ 1.25坪(奥行き)1600mm×(幅)1800mm
1620サイズ 1.25坪(奥行き)1600mm×(幅)2000mm
1624サイズ 1.5坪(奥行き)1600mm×(幅)2400mm
1818サイズ 1.5坪(奥行き)1800mm×(幅)1800mm

各規格で取り扱いのある浴槽の種類もご紹介します。

浴室・浴槽の形式によって湯量も異なりますので、たっぷりとお湯につかりたい方はワイド型がオススメです。

クレイドル型

ヘッドレストが高く立ち上がっていて首あたりが良く、肩と背中を包み込むリラックスできる広々とした浴槽です。

スクエア型

直線で構成された浴槽で、しっかりと身体をささえてくれます。キリっとスタイリッシュな浴室空間をデザインしてくれます。

ワイド型

洗い場に曲線で張り出した浴槽の形式です。お子様やご家族が出入りしやすい曲線状のステップがあります。

 

メーカー別のリフォーム商材の違いにも注意!

リフォームを検討されると素敵なユニットバスの写真が多数表示されます。

「この浴槽素敵!」「カビや汚れが付きにくい壁が良いなぁ」とリフォームへの期待が高まっていくと思いますが、ユニットバスの製品を取り扱っているメーカー毎に特長がありますので、簡単にご紹介します。

浴槽だけではなく、床や壁(パネル)等それぞれに魅力が満載です!


リクシル

リデアが人気 浴槽と蓋のダブル保温構造で光熱費を節約しながら快適なバスタイムを実現することができます。

TOTO

サザナやシンラが人気 「W断熱構造」で冬場も暖かくクッション性のある「ほっカラリ床」が好評です。

Panasonic

マンションリフォームバスルームなどが人気 家電メーカーならではの設備が充実です。

タカラスタンダード

ミーナなどが人気 主にホーローの浴槽や床、壁(パネル)を取り扱っています。

具体的にメーカーさんが出されているユニットバスのカタログを見ていただくと、さらに商品を比較して魅力を知っていただけます。

メーカーが取り扱うサイズの中には、ご希望の規格が無い場合もありますが、totoさんで無かったらlixilさんの商品を設置するといケースもあります。実際に浴槽に入ってみて気が付くことも多数ありますので、ぜひショールームにもお越しください。

また、1216のサイズの浴室を、少し広いお風呂リフォームが出来るサイズアップされた商品もあります。

浴室リフォームの一般的なサイズをもとに、ご希望と実際にどのようなリフォームが出来るか専門家とご相談し、一番ご満足いただけるリフォームを実現しましょう。

 

ユニットバスリフォームに必要なスペース

リフォームを行う前に注意が必要なものとして、「ユニットバスが大きいので搬入できない」というトラブルが時折発生します。

ユニットバスは壁(パネル)や天井等の各部位が工場で予めセットで作られていて、リフォーム現場で組み立てる方法を取ります。

各パーツを施工現場となるお風呂場に搬入する際に、玄関や廊下が間口65~70cm以上、曲がり角では75cm以上の幅が無い時は搬入自体が難しくなったり、時間がかかってしまう場合があります。

資材の搬入がどうしても出来ない場合は、リフォーム自体に工夫を凝らし、浴室の窓を大きめにする設計で解決することもございました。

また、お風呂場が台形や五角形・六角形、浴槽が小さい…などの特殊な形状をしている、ユニットバスの規格よりも天井が高い…といった場合はご希望のユニットバスを設置出来ない可能性があります。

もちろん最近のユニットバスは組み立ての自由度が上がっているので、リフォームをご依頼される工務店、業者の経験や知識量にかかっています。

築年数の経ったお風呂、在来工法タイル貼り、ステンレス浴槽…というお住まいもユニットバスにリフォーム可能ですので、「うちのおふろ、古くて珍しい形なのよね」と悩まれた時は、増改屋にご相談ください。


ユニットバスリフォームをされる前にぜひ知っていただきたい、基本的な項目をご紹介しました。いかがでしょうか。

増改屋は北海道帯広市でユニットバスのリフォーム実績が多数ありますので、ご希望の水回りリフォームへ最適なご提案をさせていただきます。

お得にリフォームいただける特別プランもご用意していますので、ぜひこちらもご利用ください。

Menu    

リフォームメニュー