水まわりをまるっとリフォーム 費用相場と注意点

キッチンや浴室、トイレなどの水まわりは日常生活に欠かせない場所なので、常に清潔で快適な状態に保っておきたいですよね。

しかし、毎日使っていると、汚れが溜まる、湿気やカビの発生なども出てきます。

そんな水まわりの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

こちらの記事では、水まわりリフォームの費用相場注意点について詳しく解説していきます。

また、リフォーム費用を抑えるポイントなどもご紹介しますので、水まわりのリフォームをお考えの方は、ぜひ参考されてみてください。

 

 

【トイレリフォーム】費用相場と注意点

一般的にトイレの便器交換を行う目安は10年~と言われています。

定期的に清掃をされているご家庭であっても、手入れの難しいタンク内の部品や配管などに支障がでた場合、急に使用できなくなってしまうトラブルも発生し兼ねないため注意が必要です。

 

トイレリフォームの費用相場

戸建て・マンションの場合

マンションでのトイレリフォームと、戸建てのトイレリフォームとでは、費用に大きな差はありません。

一般的に10万~50万円ほどだと言われています。 費用に幅があるのは、取り付けるトイレのグレード性能などによって費用に差がでるからです。

また、排水方式によっても費用は変わります。 排水には、床排水壁排水がありますが、戸建ての場合ほどんどが床排水で、マンションの場合はぢちらの採用も見られます。

費用は、壁排水の方が高価になる傾向があります。

タンク式の洋風便器への交換

タンク式トイレは、一般的な家庭や商業施設で使用されている便器のタイプの一つです。

便器本体に水を貯めるための水槽(タンク)が付いており、水槽内に水を貯めておいて、便器を流す際にその水を使用します。

タンク式トイレの導入費用は、一般的に本体価格と工事費を合わせて、約10万円程度が一般的です。

トイレのグレードによっては、本体価格がわずかに変動することもありますが、通常、15万円以内で設置が可能です(内装や配管工事などは含まれていません)。

タンクレスの洋風便器への交換

タンクレストイレは、従来のタンク式トイレとは異なり、水タンクを持たない設計です。

節水できるほか、スマートな見た目が特徴で、スペースを有効活用したいという方にお勧めです。

タンクレストイレは通常、タンク式トイレよりも5万円から10万円程度高価です。

タンクレストイレの導入費用は、通常、本体価格と工事費を含めて20万円からスタートします。

しかし、節水効果がある他、掃除も簡単なためランニングコスト的にはコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

 

トイレリフォームの注意点

近年では、タンク式トイレより、タンクレストイレを導入する方が増えていますが、

マンションの高層階では、水圧の問題からタンクレストイレを設置することが制限されることがあります。

また、排水方式(床排水または壁排水)の違いによって、設置できるトイレの種類が限定されることがあります。

トイレリフォームをお考えの方は、ご自宅のトイレが排水方式なのか、壁排水方式なのかご確認してみるとよいでしょう。

 

【洗面所リフォーム】の費用相場と注意点

トイレと同様、洗面所は、毎日使用する場所のため経年とともに汚れがたまりやすく、物が溢れがちです。

リフォームを検討することで、収納スペースを増やしお手入れを簡単にするメリットがあります。

洗面所・洗面台リフォームの費用相場

戸建て・マンションの場合の費用相場

洗面所や洗面台のリフォームにかかる費用相場は、戸建てやマンションに関係なく、大きな差はありません。

洗面台本体については、一般的なもので約20万円前後が一般的です。

最近では、既存の洗面台ユニットではなく、鏡、洗面ボウル、 蛇口などを個別に選んで独自の洗面台をカスタマイズすることが人気です。

洗面所・洗面台リフォームの注意点

洗面台を新しく設置する際には、まず給水・排水管と電源の工事が必要かどうかを確認することが重要です。

新しい洗面台が既存の配管や電線に合わないケースもあるため、購入後にトラブルを避けるためにしっかり確認するようにしましょう。

 

【キッチンリフォーム】費用相場と注意点

キッチンは、日々お手入れをしていても汚れが目立ったり、グリルやコンロの故障などトラブルの多い場所です。 キッチンの耐用年数は、15~20年ほどと言われています。

キッチンリフォームの費用相場

・戸建ての場合の費用相場

戸建ての場合、100万~150万程度でリフォームが可能です。

コンロやレンジフードなど、キッチンの一部分だけを交換や修理する場合、通常数十万円程度で済むことがあります。

しかし、システムキッチン本体を交換し、キッチンの内装全体をリフォームすると、費用は一般的に100万円近くかかることが多いです。

・マンションの場合の費用相場

マンションの場合、費用相場は、60万~90万ほどでリフォームが可能です。

戸建てと比べ、マンションのキッチンスペースが制限され、キッチンの場所変更が難しいケースが多く、本体の交換のみのリフォームが主流となるため、全体の費用お抑えることができます。

しかし、マンションは、住民の専有部分と共有部分に分かれており、通常は専有部分の改装が許可されています。 規約に反する工事をしてしまった場合は、追加で費用や工期がかかってしまうので注意が必要です。

キッチンリフォームの注意点

キッチンには、アイランド型ペニンシュラ型L型など様々な種類があり、それぞれ特徴も異なります。

子供が成長し独立したり、二世帯での共同生活を始めたり、ライフスタイルが変わることに伴い、キッチンの使い方も大きく変わります。

費用も大切ですが、キッチンのタイプや設計の長所と短所を理解し個々の生活に最適なキッチンリフォームすることが大切です。

 

【浴室リフォーム】費用相場と注意点

浴室は、日々の疲れを癒す大切な場所。 常に清潔で快適な空間にしたいですよね。

最近では、将来を見据えて手すりをつけるなどのバリアフリー化を検討する方も多いようです。

浴室リフォームの費用相場

・戸建ての場合の費用相場:80~140万円

戸建てで浴室リフォームをする場合の費用相場は、80万~140万ほどです。

お風呂リフォームの費用は、浴室のサイズや機能に比例して高額になります。

通常、戸建ての浴室はマンションよりも広いため、戸建てのリフォームの方が一般的に高くなります。

・マンションの場合の費用相場:60~100万円

マンションの場合、60万~100万の間でリフォームが可能です。

しかし、交換するお風呂のグレードや選択するオプションによっては金額が高価になる可能性があります。

浴室のリフォームには、通常、在来工法ユニットバスの2つの種類があります。

在来工法ではカスタマイズが可能で、希望に合わせて浴室をデザインできるという特徴があります。

ユニットバスは施工期間を短縮できる他、断熱性気密性に優れており、バリアフリー工事と組み合わせて安全性を向上させることもできます。

浴室リフォームの注意点

近年、浴室にミストサウナ浴室テレビなどのオプションが人気ですが、実際には使う機会が少なかったり、使い勝手が悪かったりすることもあります。

特にジェットバスは振動音が発生し、マンションなどでは隣近所とのトラブルにつながることがあります。 設備を検討する際には、慎重に考えることが大切です。

 

水まわりのリフォーム費用を抑えるポイント

ある程度大きな費用が必要な水まわりリフォームですが、費用を節約するためのポイントがあります。 上手に取り入れて、お得な水まわりリフォームを行っていきましょう。

複数箇所を同時にリフォームする

水回りのリフォームでは、複数箇所を同時に改修することで、人件費や施工費用を節約できる場合があります。

給排水の配管が関連している場合、一括して作業を進めれば、工期を短縮できることもあります。

また、設備を一括発注することで、リフォーム会社の仕入れコストが低く抑えられ、費用の節約につながります。

業者の見積もりを確認

リフォームを検討する際は、業者から見積もりをしっかりと確認しましょう。

不明な費用が加算されていないか、いらないオプションは無いかを改めて見直してから、契約するようにしましょう。


水まわりリフォームのポイントについてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

お風呂、キッチン、トイレ、洗面化粧台は毎日の生活で欠かせない設備です。

ちょっとした不便や劣化がストレスに繋がることも多いので、ご自身のお悩みに合わせたリフォームをしましょう。

増改屋のホームページでは、多数の施工事例を掲載しています。ぜひこちらもご覧くださいませ。

Menu    

リフォームメニュー